売買手数料

FX以外の外貨の運用商品に外貨預金が有ります。外貨預金は外貨投資の代表格で外貨で資産運用しようとする人がまず思いつく金融商品です。しかし、一方で外貨預金はもうこりごりという声をよく耳にします。

外貨預金で利益を出すのは実は難しいことなのです。外貨預金では売買手数料が利益を上げるうえでの足かせになる事が多々あります。外貨預金はFXに比べて為替コストがかかります。外貨預金では円から外貨及び外貨から円にする際に往復の為替手数料がかかります。また円安の時にしか為替差益を狙えません。注意が必要です。

昨今、様々な規制緩和が進んでいます。そして金融の世界も決して例外ではありません。ここ数年、個人による資産運用が大きな広がりを見せる中、新しい資産運用として注目されているのがFXです。インターバンク取引では外貨の取引の最小単位が100万通貨単位です。これでは個人が取引するのは、ほぼ不可能です。

これを個人が取引しやすいようにFXでは取引単位を小口化しています。1万ドルから扱う業者が多いですが、最近では1000ドルまで小口化しています。少ない金額で大きな取引ができるのがFXの長所です。外国為替証拠金取引では2つの方法で利益を追求できます。

1つは為替レートの変動を活用し、安く買って高く売る、あるいは高く売って安く買うことで為替差益を得る方法です。もう1つの方法は通貨間の金利差であるスワップポイントを得ることで、安い金利の通貨を売って高い金利の通貨を買うと金利調整分を受け取ることができます。

さらにパソコンや携帯電話を使って、24時間リアルタイムで外貨を売買できることも大きなメリットです。市場の動きに合わせて取引レートもリアルタイムに更新されるため、一瞬のチャンスを逃さずに取引ができます。外国為替証拠金取引は株式よりも簡単で、外貨預金よりも売買手数料が断然お得です。

外国為替証拠金取引の個人投資家内での人気はこれからも高まっていくはずです。